Training

客英語&外国人おもてなし研修

インバウンド集客&対応のヒント

※ランキング参考資料:平成26年度観光庁 宿泊旅行統計調査

青森県の場合

 

国別特徴訪日外国人宿泊ランキング

1、台湾32% 2、韓国20% 3、アメリカ15%

 

台湾人観光客の特徴

・訪日客の2/3リピーターと言われ、ゴールデンルートだけではなく日本全国に足を運んでいる
・温泉、四季を好む

 

台湾人観光客に人気(人気が出る可能性が高い)の青森の観光名所

奥入瀬渓流

【奥入瀬渓流】
十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmの流れで、豊かな樹木や十数か所の滝と、千変万化の美しい流れや様々な奇岩・奇勝が見事な渓流美を作り出しており、四季折々の自然美を堪能できます。

八食センター

【八食センター】
鮮魚、乾物をはじめ精肉、野菜、お菓子、地酒など約60店の専門店が、軒を連ねています。飲食店も充実しており、「厨スタジアム」では、回転寿司、丼ぶり物、持ち帰り寿司、お弁当のお店などがあります。「味横丁」では、八戸ラーメンや、そば、うどんなど、八戸の食をまるごと味わえます。

立佞武多の館

【立佞武多の館】
大型の立佞武多を制作し保管しているほか、お土産コーナーやレストラン、体験学習室などがあり、五所川原に来た際は立ち寄り必須の観光施設です。

 

欧米人観光客に人気(人気が出る可能性が高い)の青森の観光名所

恐山

【恐山】
比叡山、高野山と共に日本三大霊場に数えられる恐山は、貞観4年(862)に慈覚大師によって開山され、天台宗の修験道場として栄えました。風車がカラカラとまわり荒々しい岩場の合間から硫黄の臭いが立ち込める様子は、地獄や浄土に見立てられており、シーズンを通じて多くの参拝者が訪れます。

 

■地元の方にとっては、何気ない日常の風景であっても訪日外国人にとっては、訪れる目的となる魅力ある資源であることもあります。外国人目線を取り入れた地域資源発掘のワークショップなどを研修に組み込む事も可能ですので、気軽にお問合せ下さい。

 

PAGE TOP ▲