Training

からウロコの英語発音の極意

英語の上達方法3:ネイティブ発音の裏技2

LとRの発音

 

英語を学ぶ上で日本人が必ずぶつかる壁。それは「L」そして「R」の発音です。日本人がこれらの発音を全て日本語の「ラ行」で発音してまい、全く通じなかったり、例えばRead(読む)をLead (導く・引率する)と勘違いされたり・・・。

 

今日はそんな「LとRの発音」を、ここ矯正します!

「LとRの発音」

 

①「L」の発音
まず「L」から。
「L」を発音する際にはまず、上歯の裏に舌をつけるところから始めます。舌を上歯の裏につけながら音をだしてみましょう。「ウー」という音がでるはずです。これが「L」の音です。WillやGoalなどの最後の「L」は「ル」ではなく、全てこの「ウ」の音で発音します。

 

次に舌を上歯につけた状態からLa, Li, Lu, Le, Lo(ラ・リ・ル・レ・ロ)と発音してみましょう。この時、ずっと舌を歯につけている必要はありません。あくまで”最初”だけです。これが「L」の音です。

 

この方法を使って List, Lead, Lost など発音してみましょう。

 

②「R」の発音

 

次に「R」の発音方法です。
「R」を発音する際、よく”舌をまるめる”という表現をしますが、少なくとも僕にはまるめることができません(笑)その代わり、最初に「ゥ」をつけます。さぁ、今度はRa, Ri, Ru, Re, Roと発音してみましょう。これをカタカナで表すと「ゥラ・ゥリ・ゥル、ゥレ、ゥロ」になりますが、「ゥ」はできるだけ音量を小さく”おちょぼ口”で発音します。Rの発音にはこの「おちょぼ口」であることが重要なので、意識して練習してみてください。

 

この方法を使うと、例えばRead は「ゥリード」、Roadは「ゥロード」となります。

 

みなさん、上手く発音できましたか?

 

当社の無料講座ではこの方法を使って、皆さんのRとLの発音を実際に矯正します。ご興味がある方は当社ウェブサイトのお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。(誠に申し訳ございませんが、無料講座のお申し込みは20名以上の団体様に限らせて頂いております。)

 

 

PAGE TOP ▲